Categories

Archives

A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

年収よりも安定性重視

三菱UFJ銀行が発行する‘バンクイック’は、銀行系カードローンですから総量規制外となるため、年収の1/3以上の限度額を希望しても叶う可能性は高いです。

ちなみに、バンクイックは最大限度額500万円、金利も4.6%から14.6%とハイスペックですが、初めから下限金利の4.6%で500万円の決済がおりる人はまずいません。

これは、どの金融機関でも同じことが言えますが、申し込む際は下限金利ではなく、上限金利で借りられたと想定して、他と比べて低いか高いかを見るべきです。なぜなら、初取引の場合、上限金利に近い金利設定で審査が通るのが一般的だからです。

ただし、いくら借りられるか?限度額をいくらに設定してもらうことが出来るかは、正直審査次第です。

消費者金融系カードローンの場合は、総量規制の絡みから最大で年収の1/3までしか借りられないので大口融資を希望する人であっても最大でいくら、という数字はすぐにはじき出すことが出来ます。

ですが、銀行系カードローンの場合は、総量規制外ですので審査に必要な書類の中に年収を書く欄はありますが、年収の何割までなら貸してくれる、というわけではなく諸条件によっては500万円を限度に年収以上に借りられるケースもあります。

ただ、ひとつ留意しておきたいのは、「安定した収入のある個人」とバンクイックの申し込み規約にあるようにバンクイック増額の場合、年収の高さよりも「安定」が重視される傾向にあるということです。

例えば、自営業で年収が1000万を超えるような人であっても年収600万円の公務員よりも安定性にかけるとして後者の公務員よりも低い限度額を設定されることも珍しくありません。

Comments are closed.