Categories

Archives

A sample text widget

Etiam pulvinar consectetur dolor sed malesuada. Ut convallis euismod dolor nec pretium. Nunc ut tristique massa.

Nam sodales mi vitae dolor ullamcorper et vulputate enim accumsan. Morbi orci magna, tincidunt vitae molestie nec, molestie at mi. Nulla nulla lorem, suscipit in posuere in, interdum non magna.

「前職・現職が消費者金融」転職時の印象はどうなのか?

かつては消費者金融による過激な取り立てが社会問題になりました。そのため当時を社会人として知る世代、概ね50代以上の方については消費者金融従事者=怖い人という印象を持つ人もいます。しかし、社会問題の発生から約30年の間に、消費者金融一覧各社は業界のイメージアップに努めました。どうしてもダーティーな印象があることから、親しみやすい個性を取り入れたテレビCМを打つことや、企業として社会貢献活動を行うことに注力しました。ある程度怖いイメージは無くなりましたが、世間の印象がさらに変わったのは過払い金の問題です。利用者の生活が破綻する理由になっていた極端な高利での融資が存在しえなくなり、過去に発生していたものについても真摯に対応しているという評価が下されたのです。
そのため、転職を考えたときでも、正しく登録されている金融業者であればあまり悪い印象にはならないでしょう。面接時には、どのような仕事をしていたかについて問われることがありますが、仮に取り立てを行う部署にいた場合でも、法に抵触する形での取り立て行為はしていないわけですから、印象が悪くはなりません。それよりも現在の人となりが重要になるでしょう。
消費者金融や商工ローンの職歴でも、企業は実務経験として評価します。例え消費者金融の業界を離れることになっても、より近い職種の仕事であれば、他の志願者に対してアドバンテージをとることができるでしょう。負い目を感じることはありません。

Comments are closed.